何も気の利いたことは言えない。

コミュ障。水族館ジャンキーが綴る水族館の話やB級スポットの話や仙台中心のおいしいごはんの話。みんなもっと仙台の魅力に気付いてくれ。ドライアイと肩こり腰痛金欠に悩む人間。

【岩手】あのさかなクンもいる!?久慈水族館もぐらんぴあに行ってきた

岩手県にある唯一の水族館、久慈市の「もぐらんぴあ」。

f:id:milkmooncake:20160514202030p:plain

地下水族科学館というちょっと変わった名前で売り出していた観光名所(?)でした。でも311の大震災で全壊してしまったのですね。

それが2016年4月23日に完全復活してリニューアルオープン。というわけで行ってきました。

きてきて久慈市〈もぐらんぴあ〉

バイ行列

連休中ということもあり行列やばかった

f:id:milkmooncake:20160514202135p:plain

1時間……は並んでないと思うけど、結構待った。

f:id:milkmooncake:20160514202323p:plain

顔ハメはさかなクン。もぐらんぴあの復興に随分尽力したらしいです。

さて、混雑の原因はチケットを買うのに時間がかかること。どのくらいの集客を見込んでいるのかわからないけど、券売機2台と窓口での対応になってたので、同時に捌けるのは3グループ程度かな?スタッフの方も一生懸命やってたけど、人の多さには敵わないようでした。お疲れ様ですん。。。

あくまでも「地下水族科学館」

f:id:milkmooncake:20160514202556p:plain

もぐらんぴあはあくまで地下水族科学館。ということで、科学館が半分、水族館が半分。展示水槽も小振りなものが多いです。

f:id:milkmooncake:20160514202904p:plain

「うみの杜水族館」みたいな水族館をイメージしていくと期待外れになると思われますのでご注意を…。入館料が700円というあたりで、想像はできるかと思いますが。

展示前半が科学館

f:id:milkmooncake:20160514202508p:plain

前半が石油や油田に関する科学館。興味ないと総スルーしてしまいそう(笑)

でもじっくりよむとなかなか面白いよ!私はこの、一人で185メートルのトンネルを掘りきった男・僧禅海に感動した。

f:id:milkmooncake:20160514202706p:plain

ウソやろ。。。ユンボもない時代に一人でトンネル掘るって正気か・・・???

f:id:milkmooncake:20160514202748p:plain

フロアの奥にある掘削機?の展示はどデカくて迫力あるのでオススメ。

f:id:milkmooncake:20160514202813p:plain

乗車体験もできるようで、子供に大人気でした。

後半が水族館

f:id:milkmooncake:20160514203019p:plain

さて、お待ちかねの水族館。小さめの水槽がずらり。

f:id:milkmooncake:20160514203040p:plain

f:id:milkmooncake:20160514203521p:plain

タカアシガニやテヅルモヅル、オウムガイ、大人気のダイオウグソクムシなど深海生物が妙に充実している。

f:id:milkmooncake:20160514203141p:plain

ドクターフィッシュ体験(ガラ・ルファ体験)コーナー(有料)もある。無駄に整っている。有料なだけはある。

f:id:milkmooncake:20160514203349p:plain

日本の海のコーナー。

f:id:milkmooncake:20160514203450p:plain

さらにタッチプールもあり、展示にはわりと力を入れている模様。

展示終盤がラストスパート

f:id:milkmooncake:20160514203558p:plain

展示の最後に来て、トンネル水槽とクラゲドームが出現。最初っからライマックスだぜ!!

f:id:milkmooncake:20160514203612p:plain

トンネル水槽にはもぐらんぴあ名物の『カメ吉』がいます。あの震災で全壊したもぐらんぴあから生き残ったという強者。

f:id:milkmooncake:20160514203654p:plain

生き残った生き物は他にもこれほどいるそうです。

f:id:milkmooncake:20160514203745p:plain

クラゲドームはこちら。

f:id:milkmooncake:20160514203807p:plain

ライトの色が次々と変化して、とても幻想的な雰囲気です。

2F 以降は…

2階以上は石油ホールなどの展示になっています。

最上階は展望台。

f:id:milkmooncake:20160514204231p:plain

晴れていれば三陸の海が見渡せる!きれい!これは良いフォトスポットですぞい。

飲食/お土産

飲食スペースがほぼないので、ご飯には要注意。私が行ったときは外に屋台が出てたけど、いつもやってるわけでもなさそう…?

f:id:milkmooncake:20160514204257p:plain

おみやげコーナーに大量の海産物や軽食が売ってたりもするので、これを利用するのもあり。

こんなに海産物売ってる水族館は初めて見たぜ。

駐車場はめっちゃ広いので、混雑に困ることはなさそうです。

f:id:milkmooncake:20160514204603p:plain

復活したてでしばらくは混雑しそう…急いで見るべき!というほどではなかったので、落ち着いてからゆっくりみるのがオススメでっす。以上!

地下水族科学館 もぐらんぴあ

入館料:一般 700円 高校・学生 500円 小・中学生 300円 
営業時間:(4~10月)9:00~18:00
     (11~3月)10:00~16;00
休館日 : 月曜(祝日の時は翌日)

 

ことりっぷ 角館・盛岡 平泉・花巻・遠野 (旅行ガイド)

ことりっぷ 角館・盛岡 平泉・花巻・遠野 (旅行ガイド)

 
魅惑の東北ローカル線・乗車&撮影ガイド(北東北編)

魅惑の東北ローカル線・乗車&撮影ガイド(北東北編)