読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何も気の利いたことは言えない。コミュ障。水族館ジャンキーが綴る水族館の話やB級スポットの話や仙台中心のおいしいごはんの話。明るいときは明るいままに、うすぐらいときはうすぐらいままに。ドライアイと肩こり腰痛金欠に悩む人間。

仕事を選んだ理由というか就活の話

レポート

f:id:milkmooncake:20160120221726p:plain

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」

今週のお題は「なぜ今の仕事を選んだのか?」だそうで。
新卒1年目の私が地元で就活したときのことでも書いておこうかなと思います。
そうですね、ちょいちょいフェイクを入れていきましょうかね。
ただこれは、地方に暮らす超どんくさい人間の就活記録なので、都会の意識高い系とかはあまり参考にならないと思います。

結論からいうと、私は運で内定をゲットしたようなものです。

言ったそばからあれだけど、これはフェイクじゃない。まじで。ほんとに。だって就活で何を頑張ったかと聞かれると…四方八方適度に手を伸ばしがんばっていたとは思うけど、何か行きたい業種があったとか、目指すモデルがあったわけでもないんです。運が良かったからいまの場所にいるんだ、って気持ち。

いまは一口に就活といえど、起業するだのいきなり社長面接だの学生時代のコネだの、いろんなやり方があると思う。その中で私は人の上に立ちたくもないし学生時代のコネもないしコミュ障だしでごく普通の就活をした。誰かの参考になることはあんまりないと思うけど、どこかからこの記事を見つけて読んでくれたあなたに向けて書いていこうと思う。

スペックですか。

地方在住のどこにでもいるような平凡な学生でゴリゴリの文系、バイト・サークルともに経験あり。ごく短期の海外研修経験もあり。コミュ障ゆえに交友関係は狭く深くタイプ。ゼミはいわゆる文学系なところで、経済とか教育とか、社会に出てから役に立つ系ではない。資格はMOSだけなんとなく取った。オタクなので「趣味は?」と聞かれると返答に困る。聞かないでくれ。オタクだけど「尊敬する人物は?」と聞かれても返答に困る。エドワード・エルリックぐらいしか思いつかない。なんか良い答えなかったかなと今も困ってる。

就活を始めたのは3年生の12月。

私のときは就活解禁が3年の冬だったんだ。6月ぐらいから学内セミナーとかやってたけど、実感なかったし参加するだけして何もアクションはしなかった。
大学2年生頃まで公務員を目指すつもりだったけど、めちゃくちゃ勉強しなきゃいけないって知ったのでやめた。そもそも希望していたところの公務員倍率がやばくて、それだったらその土地の民間で働いたほうがいいじゃんと思った。
民間に入った今、公務員の安定性と、休日の保証は今でもちょっと羨ましい。ボーナスがちゃんとあるのも残業代が出るのも羨ましい。要はそういう会社に入ってしまったわけですが、金銭面を除けば公務員でいるよりもこっちのほうが性に合ってたな、と思います。

就活の際にあちこちで聞かれる「就活の軸」。

そんなものねーよって思う大学生もいると思う。私もそうだった。
私の就活軸は強いて言うなら「地元に残る」。家の事情諸々で実家にいるほうが好ましかったので、実家から通える企業を中心に、就活をした。

何社ぐらい受けたかなあ。12月ぐらいに合説いって、6月に内定をもらったんだけど、エントリーシートを送ったのは10~15社ぐらいだったかな。そのうち一次試験を受けたのが5~6社、面接に進んだのが4社ぐらいあったかな。履歴書と志望書?みたいなの書いて落とされたとこもあった。

ES送った数について、「えっ!!!少ない!!!」って驚く人もいるかもしれない。
でも、「地元×やってもいいなって仕事」というフィルタを掛けると、行きたい会社はかなり絞られてしまったのだ。
私が偏屈者というせいもあるけど、地方の就職はまだまだ厳しいとこがあるんじゃないかなーと思う。仕事が無いというのは母数の意味ではなくて、やりたい業種だったり、積み重ねたいキャリアだったり。そういうのがない。
ビジョンというか、「これで食っていくんだ」みたいな、そういうものを目指せる仕事が少ない。せいぜい銀行と公務員、それに工場ぐらいしかないんじゃないかなと。
やりたい仕事があっても、もはや地方独占状態で選択の余地が無かったりしてね。そこ落ちたらやりたくない仕事だらけ、とかね。
この辺の現実を見てしまうと、やっぱり「東京で就職しよう」と思うのも無理は無いかなーと思う。

就活中にやったことといえば定番のことばかり。

SPIの問題集を買って解いてみたり、合説行ったり、大学の就活セミナー行ったりとか。でも大学の就職課はあてにならない感じだったのでほとんど利用せず。その代わりにハロワに行ったかな。ESの添削とかでお世話になりました。あと、ベンチャーとかがやってくれる無料の就活セミナーとかで自己分析したり、GWに慣れてみたり。

無料セミナー。

重度のコミュ症で初対面の人と会話するのが苦痛な人間なので、とりあえず場数を踏んでおこうと2~3ヶ所の無料セミナーに合計で5~6回通った気がする。
果たしてそのセミナーが役に立ったかというと、なんとも言えないのが正直なところ。
参加してよかったな、と思うのは、個人や企業で開催していたGWのセミナー。
とにかくコミュニケーション能力に致命的な問題を抱える私は、「初対面の人と話す」というミッションを遂行すべくこれ系のイベントに参加して、いわゆる「経験値」みたいなのを得ました。
就活って、色んな人がいる。GWのレベルを高めたいと思ってる人もいれば、私みたいに「とりあえず人と話すことから始めましょう」みたいな人もいる。
「あの人よりレベルが低いからもうダメだ」って思うんじゃなく「今日はセミナーに参加した。一人に話しかけることができた。よかった」ぐらいに考えるのがいいのかなあと思います。特に内向的でプライド高めのまじめちゃんは。

ちなみに有料セミナーは行ったことないのでわかりません。

エントリーシート

いやー。ESとか。知らねえ。志望理由とかはもう、何書いたか覚えてない。
写真は写真屋で撮ってもらった。高かった。
まぁでも、高い分「無駄にはできない!」と思って頑張った節はあるかもね。
「学生時代の経験」は、プチ海外研修に行ったときのことを書いた。サークルもアルバイトも経験あったけど、私が一番自信を持って、楽しく書けるエピソードを選んだ。
別にエピソードなんて何でもよくて、チームの中でどういう立ち位置に回る人だとか、ヤバイ状況のときにガッツで進むのか、計算で進むのか、どういうタイプの人間なのかを書ければいいんだと思う。私が何書いたかって?聞きたい?台湾のしまむらに行った話だYO。台湾のしまむらは「思夢楽」って書くんだYO。そこで超簡単なインタビューした話をそれとなくかっこよく書いてみました。文体カッコよくしただけでウソはついてないぞ。

長所と短所を書く欄。

短所はいくらでも書けるけど、長所はなかなか書けなかった。セミナーに行くたびに「長所がなければ短所を裏っ返しにしてご覧」と言われたものだけど、裏っ返したところでもう一度クルリンパして短所に戻るのが私の脳内だった。That'sネガティブ。
長所を書くときに一番役立ったのは、友達とおしゃべりしながらの他己診断だった。
友達は優しいから、基本いいことをいってくれる。
特に「あんたを動物に例えるとー、行動が素早いからチーターだよねー」みたいな、小学生でも思いつくようなコメントでも、自己分析沼に沈み込んだ人間にとっては一筋輝く導きの光なのである。ありがとう友よ。

SPI対策。

これだけは無駄にやったなあ。とはいえ参考書1冊をカンペキにする、程度のことだけど。
高校から数学がめっちゃ苦手だったんで、そこはもうゴリゴリやって平均は取れるようにした。その結果が功を奏して、SPIで落とされたことはナシ。むしろ抜きん出て成績良かったおかげで採用担当者の目に止まって、面接したこともあった。
こういうふうに、どこの努力がどのように評価されるのかは会社によってそれぞれだから、「○○しても無駄!」ってことは一概には言えないなあと思いつつ過激派な就活論評を眺めています。

面接対策。

これはハロワに行ったりセミナーを活用したりで練習しました。
人と話すのが苦手なんでもう練習ってだけでもお腹痛かったり。して。

役に立ったのかはようわからんけどコミュ障のためのものすごーーーーーく小さなステップとして「知らない人と話す」経験値を積むには良かったんだろうなと思う。あの緊張も心臓のバクバクもお腹の痛みも、慣れることはないだろうけど。

みん就

使っている人も多いと思いますが。暇があれば覗いてみるのもいいんじゃないかな。私はあの雰囲気嫌いじゃなかったし、ときに有用な情報ももらえるしね

……などなど。この辺のものを使いながら、地元中心に業界絞らずいろいろ受けました。A業界で3社、B業界で3社、C業界で2社…って感じでほんとバラバラ。

んで結局「運がよかった」って何の話かっていうと

たまたま人事の人との相性が良かった、って話。

実は今いる業界と同業のところを何箇所か受けたんだけど全落ちしてる。んで最後に受けた1社がいまいるとこ。

一次面接で会ったAさんとはめちゃくちゃ相性が良くて通ったんだけど、2次面接で話したBさんに落とされて、しかし志望部署に提出してた課題をその部署のCさんに評価していただいて、結果2対1ぐらいな形で採用していただいたのであった。しかも希望部署に。

ここが第一志望だったかというとそういうわけでもないんだけど、(そもそも第一志望は業界も違う)でもやりたいことには近づいてるし、今の仕事は大好きだしこれからもずっと続けていきたいなあと思ってる。

まとまらないよ!オチがないよ!

就活で「これを頑張ったから受かりました!」といえるほど明確な答えは出せない。どうして受かったのか自分の何が良かったのかいまでも全くわからないし、コミュ症だし気遣いはできないしで自分は社会人に向いてないなと思いながら毎日過ごしてる。

そもそも仕事というか業種を選んで就活はしてたけど、会社員となるとどうしても「選ばれる」立場になるし、私がたまたま運良く選ばれた結果がこれだ。だからいま「仕事を選んだ理由は?」と聞かれたら「運良く選ばれただけです」としか言えない。

まあ、もとよりいまは下積み期間だと思っているので、仕事を選ぶなんてことは言いません。はい。まとまらない。はい。コミュ障ですよぉおおおおお~~~~~~~文章ですらコミュ障ですよおおおお~~~~~~~~虚無僧ゥウウウウウウウウウ……ウッ

 

広告を非表示にする